新宿区・高田馬場という街

この街のあんなとこ、こんなとこ、色々紹介したいと思います。

学生の頃、高田馬場という街に通っていました。
都会的であり、どこか懐かしく感じるこの街の事をを今日は書いてみたいと思います。

山手線で新宿駅からわずか4分、東西線も西武線も同じ出口に集まるこの駅はちょっとしたターミナル駅。
駅からのバスに乗れば早稲田も近いこの街は、手塚治虫が住んでいた街としても有名です。高田馬場駅早稲田口のガード下に壁いっぱいに描かれている鉄腕アトムや、山手線の発車音もアトムなのは有名な話です。

駅の北側に出れば、そこは早稲田の学生で溢れる学生街。
若者向けの飲食店や居酒屋が軒を連ね、所々にある薬局やレンタル屋が生活感を匂わせます。

目白通りのあたりまで来ると途中で何軒もラーメン屋を見付けると思います。この街は日本有数のラーメン激戦区であり、一般的な東京ラーメンに始まり家系、関西系、九州系、北海道系、更には二郎にも加えつけ麺の有名店が街中に広がりしのぎを削っています。
生半可な味ではこの地では生き残れないので洗練されたものだけがこの街に残っており、また店の味にあぐらをかいていると客は離れていくので日々切磋琢磨を繰り返す。
こうしてこの街はラーメン激戦区と呼ばれるようになり、ラーメンを食べにこの地を訪れる人が絶えないのです。

駅の南側にある商店街、さかえ通り。
現地の学生はスラム街と称する通りですがそんな事はなく、治安は安定しやはり飲食店が多く規模の割にはグルメが楽しめる場所だと思います。
もちろん美味しいラーメン屋さんもあり、商店街の一番奥まで歩いてみて欲しい場所ですね。

機会があれば是非一度足を運んで欲しい街です。
もし訪れる事があれば千代作のオヤジによろしくお伝え下さい。

»