ペースメーカーと携帯電話

携帯電話を持っていない人に会うことは難しい。
たまに、携帯電話のある暮らしに耐えられないという友人に会うことがあるが、そういう意識的に所持していない人を除けば、ほぼ全員が持つか持たされるかしているだろう。

携帯電話は電波を発信して、また受信してメールや電話、インターネットを利用できる器機だ。
それゆえ、電磁波を発生しており、人体や他の器機への悪い影響が問題視されていたこともあった。
人は慣れるもので、また飽きるもので、皆が携帯電話を持つようになった今では、携帯電話を敵視する声はほとんど聞こえなくなった。

わかりやすく残っているものを挙げるなら、電車の中での使用マナーくらいだろうか。
通話をしない、音を出さないということは日本で暮らす上でのルールみたいなものだが、「優先席」付近では使用しないという決まりがある。

実際は、守られていないことが多いが、気にして優先席を離れる人もいる。
これは、ペースメーカーを使用している人が優先席付近にいるから、携帯電話の電磁波で影響を与えないようにということであるのは周知の事実だろう。

しかし、携帯電話がペースメーカーに影響を与え、誤作動を起こすということは本当に稀のようだ。
古いペースメーカーではそれもあったようなのだが、最近のものでは誤作動はないらしい。
ペースペーカーはすぐに入れ替えられるようなものではないから、古いものを身に付けている人がいる可能性がある限り、こうした決まりはあって然るべきだが、この事実はあまり知られていない。

ある時電車の中で言い合いがあった。
「ペースメーカー問題」を怒鳴るような口調で話すお年寄りと、理路整然と反論する若い女性の口論だ。
結局女性の話す内容におじいさんが説得されてしまったのだが、電波を発しない状況で既に受信したメール文章を読んでいただけで、もし誤作動が起こったペースペーカーがあるのなら、そのメーカー名を教えてほしいといったものであった。
そこまで言われてしまったら、言い返せなくなってしまうだろうが、もし誤作動を起こせば死に直結するであろうペースメーカー使用者の実の声を聞いてみたい。

«
»