生きて行くために

私が就職を意識したころはまだ売り手市場で、先輩達は大した考えもなく大手企業に入って行った。
何も考えずに就職したわけではないが、売り手市場特有の大企業信仰の元の考えだったと思わざるを得ない。

私は幸か不幸か「就職氷河期」というものに飲み込まれたため、大企業に入るということについて、きちんと考えなければならない状況に陥った。
本当に自分のしたいことはなにか、あと40年近くも「やりたい仕事」ではないことをやり続けるのか。
真剣に考えた結果、私は子供の頃から好きだったことを仕事にすることに決めた。
そのための学校にも再度通った。

好きなことの勉強は心から楽しめたし、これから同じ世界で勝負し続けるであろう仲間もできた。
引っ込み思案な部分が先に出てしまう私が決断した人生の大きな転機だったと思う。
今となっては、「就職氷河期」に感謝すらしている。

しかし、現実は甘くはない。
好きなことを仕事にするというのはそう単純ではなく、自分のスキルや仕事の需要、ライバルの多さに少しくじけそうになりながらも今を生きている。

だから、大層なことは言えないが、少しは自分の力で稼げるようになってきた今、伝えたいことがある。
会社に務め、方法論を学んだり、スピード感をアップさせたりすることもとても大事なことだが、後輩たちには自分自身の力で仕事を取ってくることができる強さ、またその快感を知ってほしい。

また、初めのうちは上手く行かない者もいるだろうから、そういう人には収入を分散させる工夫もしてほしい。
昔のように、「皿洗いしますんで」と言って仕事が貰うことはなかなか難しい現代だが、逆にインターネット上には遊びとも言えるような仕事でお金を得ている者もいる。
自分のやりたいことを仕事にするために、うまく生きていって欲しい。

«