ビジネス本ばかりを読んだ結果

先輩からこれからの社会は「知識」より「見識」だと熱弁され、その先輩の話に感動させられた僕は見識を見識を高め様と思い自分なりに選んだ本を一生懸命読んだ結果。
見識が身につく事はなく知識だけを獲得した感じです。


知識を身につけるのは意外と簡単ですね。
インターネットですぐにいろんな事が調べられる世の中。
検索ボタン1つで100万超の情報が手に入る事もあるんです。
もちろんその中には間違った情報も混じっているでしょう。
その間違った情報を見抜くには見識を身につけておかないと…ですよね。

見識を身につけるには読書が1番だと思ったんですが、そうではなかった様です。

先輩は見識を高める為に休みの日は必ず旅行へ出る事にしているみたいで、こないだの連休でスペイン旅行をしたらしいです。
スペインの有名な建物を巡ったらしいです。
行く前にちゃんとその建物の歴史も勉強して行ったそうで、実際建物の中に入った時は感動して大号泣してしまったと語っていました。
以前にもミラノへ行ったらしいんですが、その時はミラノの駅で大号泣して現地の人に「大丈夫か?」と声をかけられた様で、駅員まで近寄ってきて「日本人が泣いてる!」と結構な騒ぎになった様です。

先輩いわく…「見識高くなりすぎると色んな物に感動してしまって涙腺故障したのかな?ってぐらい涙が出るから注意した方がいいぞ」と。

それって『見識が高まる』とかの意味とはまた違うんじゃないかなぁって思いましたが指摘する事は出来ませんでした。

早く先輩に本当に見識とは何かを教えられる様な人間になりたいです。

«